Esty shopで未着トラブル「届かなくてもあわてない方法」

ライフハック

Esty shopは海外ハンドメイド作家御用達の通販サイトです。日本にはないデザインの文房具からアパレル用品、鶏小屋の設計図のPDFまで販売するユニークなサイトでもあります。
日本でいえばminneの強化版、商品量もすさまじく、日本にはないものを多数扱っていることから使ってみたいという方も多いサイトです。
しかしコロナ禍で増えたトラブルも多数起こっています。
こちらの記事では英語が使えなくてもできる届かないトラブルとあわせてEsty shopの利用方法についての対処法をお伝えします。

Esty shopで未着トラブル「届かなくてもあわてない対処法」

Etsy shopは、たくさんの種類のハンドメイド作品が販売されています。BAYMAと違い店やバイヤーが主ではない為、個人間のやり取りが主になります。

そのため、届いた届かないのトラブルがBAYMAより多いです。メルカリやヤフオクで慣れているから個人間でも何の問題もない、という方もおられると思いますが、海外の方はこだわらない性格だからこそ大雑把でおおよそ日本とは違う対応をされる方もしばしばいます。

商品が届かないときに最初にすること「ステータス確認」

Esty shopで注文し、何日か経ったものの届かないときにまず行うことは「ステータスの確認」です。
自分のアカウントのアイコンから購入履歴を選び、該当する商品を選びましょう。

すると画面右側に現在のステータスが表示されます。商品がすでに発送されていれば「配送中」の表示がされます。

さらに「荷物の追跡」をタップすれば、どこから荷物が配送されたか地図が表示され、下部には「何を利用して発送したか」と「追跡番号」の記載がされます。

表右下の「追跡番号(トラッキングナンバー)」をタップすると出品者の国の郵便物の追跡サイトにつながります。

出品者への問い合わせ「けんか腰にならないこと」

追跡番号を追っても、2週間以上動いた形跡がない、などがあれば、出品者に問い合わせをしましょう。

アカウントから「メッセージ」などで連絡することが可能です。

Esty shopの優秀なところは、相手のメッセージの下に「日本語に翻訳する」を選ぶ項目があることです。
メッセージをコピーして、グーグル翻訳で変換しなくても、メッセージ下部の「日本語に翻訳する」を選べば大体わかります。

大概、この段階で出品者の方でも調査してくれますし、遅れていることについて返信があります。

届かないことに頭に血が上って、レビューで「受け取っていない!届いていない!」と星1レビューで知らせたりしないでください。
いきなり星1レビューを送られてたらもういいやと調査に消極的になられても困りものです。

とはいえ日本の出品者と違い、海外の方はアバウトな方の比率も多く、発送してないのに発送したと連絡する方もいます。この辺は相手とのやり取りで精査が必要ですが、らちが明かない場合は次のことを行うのもいいでしょう。

Esty shopに通達

出品者とのやり取りがうまくいかない場合はEsty shop運営に直接連絡することが可能です。

自身のアカウントから「購入履歴」→「注文のヘルプ」を選ぶと「セラーへのヘルプ依頼」を行います。
これで48時間以内に出品者であるショップオーナーから返信がなかった場合、Estyから審査がはじまり、クレームに対処するかたちになります。

また、「購入履歴」→商品情報から「商品のレビューを残す」の下にある「注文した商品が届いていません。」からも連絡することが可能です。

解決を見ない場合は返金などの対応にEstyが動いてくれます。

相手国の追跡サイトで確認と調査請求

追跡番号を入力しても、日本の郵便局サイトでは現在の位置情報がわからない場合、出品者の国の郵便サイトではどこに行ったか表示されることがあります。

出品者側もそのサイトで税関を通ったか、まだかなどを確認している場合が多いです。

日本では、海外に送った荷物が届かない場合、郵便局から「調査請求書」を出すことが可能です。
あまりにも荷物が届かないなら、出品者側から「調査請求書」での調査が可能ならしてもらうように提案するのも一案です。

住所の登録に注意「届かないトラブルを防ぐため必ず最初から英語表記で登録」

こちらは番外ですが、必ず確認してほしい注意点を書いておきます。
Esty shopのアカウント登録に際し、筆者はBAYMAなどの海外通販サイトを登録した経験から住所などを日本語表記で登録しました。
BAYMAなどですと、日本語表記で登録と共に別に英語表記する項目があり、Esty shopもそうだろうと登録しました。
仮に間違ったとしても、後から変更すればいい、とも思っていました。

しかしいざ通販してみるととんでもない弊害が起こってしまいました。

出品者からの連絡
Dear 〇〇

Thank you for your order, can I please have your address in English?

Thank you,
▽▽

親愛なる〇〇

ご注文いただきありがとうございます、私は英語であなたの住所を聞かせてもらえますか?

ありがとうございました
▽▽

こちらは最初に注文したメールです。日本語で住所を登録してしまったために出品者側に住所が判別できないので英語で知らせてほしいとのことでした。

すぐに謝罪と、英語表記の住所をお送りし、商品の発送をしてもらえました。登録もその際英語にすべて書き換えてデフォルト設定し、PCとアプリ両方で変更がかかっていることも確認しました。そのため安心してそれ以降は忘れていました。

しかしそれから10か月後、別の商品を購入後、別の出品者よりまた連絡がありました。

後日別の出品者からの連絡
Hello!

Can you please send us your shipping address in English? Our shipping software does not recognize the characters and will not allow us to ship your order.

Thank you so much!

日本語翻訳
こんにちは!

あなたは私達に英語であなたの配送先住所を送ってくださいことはできますか? 当社の出荷ソフトウェアは文字を認識しず、ご注文の発送を許可しません。

どうもありがとうございます!

このメールの後にPC版とアプリ版のEsty shopのサイトを確認しましたが住所のデフォルト設定は英語表記になっていました。書き換えたはずなのに、どこかで日本語のデータが残っているようです。
設定欄を全て確認しましたが出てこず…。

問い合わせしましたが確たる原因は不明で、何らかのエラーや引っ掛かりが低い確率で起こったとみています。一度このようなエラーにかかるとなかなか見つけることはできません。
購入の都度、出品者とのやり取りをしなければなりませんし、筆者自身これが面倒でしばらく購入は控えてしまいました。
また、現在の新データが反映されず初期に記入した日本語表記が残っているということは、初期に住所を間違えて英語で書いており、気づいて変更したという人にとっては、未着トラブルの原因になる可能性すらあります。

不要なトラブルを避けるためにも登録時の住所氏名は必ず英語表記でしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました