【終了】門司港駅の戦跡をめぐる~駅はなぜ残ったか?~

2019年3月15日(金)

~門司港駅グランドオープン記念!全ての道は門司港駅に通ず~

春めぐる2019は、全コース、門司港駅からスタート!それぞれの案内人の視点から門司港駅を案内します。

 

戦時中は200万人を超える兵士が出征した門司港。

門司港駅は戦災を免れたとされてきましたが、この度の改修工事の調査で、39発もの機銃痕と2発の爆弾痕が見つかりました。

門司港駅にも刻まれた戦争の歴史をめぐりながら、機銃掃射を受けても駅が残った理由を解き明かします。

上写真:昭和12年に建設された旧JR九州本社ビル。戦争の影響で、建設当初の姿から現在の姿へ変わったようです。どのような姿だったのでしょうか?

下写真:門司港駅と関連のとある場所での機銃痕。今もなお残る戦跡のひとつです。実は意外と普段何気なく通っている場所かも?

 

答えは、まちあるきで!

上写真:門司港駅内にある幸運の手水鉢。

下写真:旧大連航路上屋。日本と中国を結ぶ大連航路の発着所として昭和4(1929)年に竣工された建物です。第二次世界大戦の終戦で航路が断絶するまで日本の玄関口として重要な役割を果たしてきました。

[基本情報]

  • めぐる

    通めぐる

  • コース

    【申込受付開始】門司港駅の戦跡をめぐる~駅はなぜ残ったか?~

  • 日程

    2019年3月15日(金) ※定員になり次第、受付を終了します

  • 時間

    10:00〜13:00

  • 定員

    10名

  • 参加条件

    小学生以下は保護者同伴

  • 集合・解散

    集合:門司港駅改札口付近 解散:旧門司三井倶楽部

  • 料金

    2,500円(焼きカレーランチ付)
  • 案内人

  • その他

    ホームページ申込の際は必ず返信メールが届きます。届かない場合は申込完了しておりませんのでエラーの確認をお願いいたします。

    ※参加者限定特典: 非売品!!

    オリジナルエコバッグプレゼント!(デザインは選べません)

    ※リピーター特典* 5回参加で500円引✨

    ※当日キャンセルの場合はキャンセル料が発生します。

    ※ツアー内容は若干変更になる場合もございます。

    ※少雨決行・荒天中止

    ※開始時間10分前までに受付をお願いします。

[お申し込み]

予約カレンダー

予約リスト
門司港駅の戦跡をめぐる~駅はなぜ残ったか?~
10:00

※お申し込みは残り人数をクリックしてください。残り人数が表示されていない場合は予約停止中です。

※当日の状況により、立寄るポイントは変更される場合がございます