【終了】門司往還・大里宿をめぐる

2018年4月26日(木)

江戸時代、小倉から大里(現代の門司駅周辺)へ通じる道は門司住還と呼ばれ、多くの九州大名達が参勤交代で関門海峡を横断する為に大里宿場町を訪れました。

マンションや住宅街のすぐそばにある街道の名残をめぐります。

[基本情報]

  • めぐる

    通めぐる

  • コース

    門司往還・大里宿をめぐる

  • 日程

    2018年4月26日(木) ※定員になり次第、受付を終了します

  • 時間

    10:00〜13:00

  • 定員

    10名

  • 参加条件

    どなたでも

  • 集合・解散

    門司麦酒煉瓦館 玄関前(門司駅から徒歩5分)

  • 料金

    2,500円(海峡ランチ付)
  • 案内人

  • その他

    参加者限定特典:定番オリジナルエコバックと地図会社ゼンリンとコラボした門司港地図柄クリアファイル+現代版・古地図版の中紙2種を全員へプレゼント!(デザインは選べません)

    ※リピーター特典あり!5回参加で500円引き♡

    ※ツアー内容は当日の状況により変更になる場合もございます。

    ※少雨開催・荒天中止

    ※開始時間10分前までに受付をお願いします。

[お申し込み]

予約カレンダー

予約リスト
門司住環・大里宿をめぐる
10:00

※お申し込みは残り人数をクリックしてください。残り人数が表示されていない場合は予約停止中です。