ウチヤマさん

門司港の歴史の事で最後に頼るのはこの方。まさに門司港の生き字引案内人さんです.

北九州市、門司港地区出身、昭和34年 県立門司北高校ご卒業後、生命保険会社にて勤務。

昭和36年に千葉へ転居されることになるが、昭和45年に門司港へ帰郷され、当時栄町地区の繁栄を象徴する北九州最古の百貨店「山城屋百貨店」で勤務される。

当時より郷土史への関心を深め、山城屋を訪れるお客様へご案内を続け、平成6年の山城屋百貨店倒産後は、北九州市観光協会にて観光ボランティア四期生として受講し、さらに郷土史の勉強を続けることとなる。

平成7年に門司港レトロオープン時に開設された栄町銀天街の観光案内所に勤務し、空き時間を利用しては、ご案内するお店や施設を訪れ実際に目にし、口にすることで情報を深堀されたという。

観光案内所が閉鎖された後は、下関市の観光案内所や門司港ホテル観光アドバイザーとして活躍され、宿泊者のための”路地裏観光メニュー”など多くの観光コースが生まれている。

現在は、朝日カルチャーセンター講師。

郷土会会員やカボチャドキア、国立美術館のボランティアとして活躍を続けられている。

内山さんは故郷へ戻った時に、原風景である。

”門司港の風景”や”建物”が消えていく様を目のあたりにされました。

また、一度故郷を離れたからこそ見えてくるものもあり、それらを少しでも何かの形で残せればという思いで、活動を続けていらっしゃいます。

今も実際にその土地に赴き、住民の話を聞きながら、その土地の風景を写真だけでなく”絵”として残し続けていらっしゃいます。

【担当したコース】

【終了】2016年3月30日(水)関門海峡をぐるっと一周めぐる~知られざる関門の歴史~

【終了】2016年4月12日(火)出光佐三と三宜楼をめぐるPARTⅡ

【終了】2016年5月17日(火)門司港の映画ロケ地をめぐる~俳優ご用達ホテルで昼食を~

【終了】2016年6月21日(火)出光佐三と三宜楼をめぐる~座学付~

【終了】2016年8月5日(金)門司港の戦争をめぐる

【終了】2016年11月8日(火)『出光佐三』をめぐる~海賊と呼ばれた男~

【終了】2017年1月20日(金)海賊と呼ばれた男『出光佐三』をめぐる

【終了】2017年2月7日(火)門司港のお寺と神社とまちをめぐる

【終了】2017年3月22日(水)・4月11日(火) 海賊とよばれた男『出光佐三』をめぐる 

【終了】2017年5月24日(水) 門司港の映画ロケ地をめぐる

【終了】2017年6月29日(木) 門司港レトロの基礎をまなぶめぐる