門司港めぐるとは

【みんなの声】もじこうハシゴcafe&路地裏

2018.10.14

今回の案内人は「くっちゃん」です。

くっちゃんは、話題のお店をいち早く発掘するワープ&ハシゴの達人!

今回はディープな路地裏や穴場の新スポットをめぐりながら、カフェ・スイーツのお店をハシゴしました。

 

今回は門司港駅に集合でした。

来春のグランドオープンにむけて着々と工事が進んでいます。ずっと素屋根をかけられていましたが、現在は創建時(大正3年)の姿に復原された外観を眺めることができます。グランドオープンが楽しみですね♪

 

門司港駅を出発して、まずは清滝地区へ。

清滝には風情漂う路地裏があります。門司港めぐるでも何度かめぐってきました。(↓過去のコース)

●もじろじをめぐる

●門司港の料亭文化と路地裏をまなぶめぐる

●路地裏でフィギュアをつくるめぐる

門司港の往時の繁栄を偲ばせる料亭「三宜楼」、角打ちが楽しめる「魚住酒店」、和風旅館「むつみ関門荘」、迷路のような坂道を辿った先にある「路地裏ギャラリーもじろじ」など、懐かしさを感じる中にも新たな息吹をもたらすスポットが混在しているエリアです。

 

そんな路地裏に、今年の夏、新たなお店がオープンしたということで、今回くっちゃんの案内でさっそく訪ねることに♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「むつみ関門荘」の向かい、「魚住酒店」のお隣にできた「片」(わずか)さんです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

古民家を改装した喫茶とお酒と軽食のお店です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素敵にディスプレイされた店内。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ドリンク片手にくつろぎのひとときを過ごします。

路地裏を探検して、カフェでほっと一息♪というのも楽しそうですね。

 

「片」をあとにして、ランチのお店へ向かいます。

 

その道中で・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「グリシェンカフェ」のマスターに遭遇!

古民家の並ぶ通りにひと際目立つブルーの壁とピンクの扉が目印のこちらのお店は、ウイグル料理を味わうことができる珍しいお店です。中央アジアの異国情緒あふれる店内の装飾も素敵で、おいしいカフェ・スイーツメニューもありますので、ぜひお気軽に寄ってみてください。

「グリシェンカフェ」Facebook

 

「グリシェンカフェ」のお隣にもご注目!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

飲み屋が並ぶ小路の入口にフランス国旗が飾ってあります。

小路の奥を覗くと、突き当たりにも国旗が見えます。実は、「シュミネ門司港」という雑貨とカフェのお店があるのです。

フランスから買い付けている雑貨がかわいらしく、カフェメニューもスイーツからアルコールまで充実。小路の雰囲気とはギャップのあるメルヘンな空間が広がっています。

今回は残念ながら立ち寄ることはできませんでしたが、ご興味のある方はぜひ行ってみてください!

シュミネ門司港 Facebook

ランチは「ハングリーズバーガーラウンジ」へ。

門司港駅近くにある、アメリカンなハンバーガーが味わえるお店です。

今回は焼きカレーランチをいただきました♪焼きカレーも絶品!たっぷりのとろとろチーズとカレーのスパイスがマッチして、とても美味しいです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アメリカから買い付けてきた雑貨などが所狭しと並んだ店内。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

門司港にいながらアメリカ気分♪わくわくします。

飾ってある雑貨は買うこともできるそうですよ。

 

ランチのあとは、スイーツ♡

トロッコ列車の線路沿いにあるピンクの扉がかわいらしいこちらのお店は美容室なのですが、美容室の定休日に「Voila(ヴォワラ)」というお菓子の工房がスイーツを販売しています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どれも美味しそうで迷ってしまいます!

実際にとても美味しくてファンが多いVoilaさん。スイーツ好きな方は味わうべし!

Voilaホームページ

門司港での販売日の情報をチェックして、ぜひ足を運んでくださいね。

 

お次は栄町界隈のシャッチョビルへ。

今年オープンした1階のチョコレート焼き菓子専門店を訪ねます。

なんと!門司港に!チョコレート焼き菓子専門店が!あるんです!

お名前はCraft chocolatory Cutze(クラフト ショコラトリー クーツェ)。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

bean to bar”カカオ豆から作るチョコレート”を使ったお菓子が並びます。

店主さんが材料や作り方など一つひとつこだわり、丁寧につくられています。

今回はテイクアウトですが、店内で食べることも可能。コーヒーと紅茶も数種類あり、店主さんにお菓子に合うドリンクを選んでもらったり、お菓子について色々とお話しを聞くのも楽しいですよ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

板チョコレートのようなディスプレイ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

営業されているのは、基本的には土日祝日とのことです。

絶品のガト―ショコラもありますよ。

本格的なチョコレート焼き菓子を味わいたい方はぜひお越しください。

営業日の情報はInstagramでチェックしてください!

Craft chocolatory Cutze Instagram

 

栄町からさらに進んで、中央市場へ。

ご存知の方も多いと思いますが、中央市場の入口にはタルトとキッシュのお店「S・tart・inn(エスタルティン)」さんがあります。季節の食材を使った手作りのお菓子が並びます。

昭和の風情が色濃く残る中央市場にお洒落なお菓子屋さんがある風景のギャップさも相まって、地元の方の間でもすぐに話題になりました。今ではすっかり馴染み、地元以外にもファンが多数いらっしゃいます。すぐに売り切れてしまうことも。

そして、2枚目の写真に写っている自転車にお菓子を満載してイベント出店されることもしばしば。

エスタルティンさんも土日の営業となっています。

営業日やイベント出店の情報は、下記からチェックをどうぞ。

S・tart・inn Facebook

 

エスタルティンさんのお菓子もたくさん買って、中央市場の中に入ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お店案内の黒板がちょこんと立っています。

中央市場の青果店や鮮魚店などは土日はお休みですが、パン屋さんやカフェなどがオープンしています。

今回は、黒板の一番上にあるお店「大都会門司港」に立ち寄ってみます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

穏やかで笑顔の素敵な店主さんが出迎えてくれます。

北九州のショップやアーティストの情報を発信しつつ、映画を上映していたり、角打ちができたり、コーヒーも飲めたり、作家さんの雑貨があったりと、とにかく不思議なお店です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

漬物屋さんの美味しいお漬物も売られています。冬はおでんもあったりします。

どんなお店だろう?と気になると思いますが、まずは来てみてください!

旅人のようにふらっと訪ねて休憩するも良し、おしゃべりしながらのんびり過ごすも良し、自由で居心地の良い空間ですよ。

大都会門司港の情報はこちらからどうぞ▶大都会門司港 Facebook

 

中央市場を抜けて、いよいよゴールのゲストハウスへ!

2019年1月オープン予定のゲストハウス「ポルト」。築およそ70年の木造3階建ての建物の1階と2階がゲストハウスです。

こちらは建てられた当初から非常に凝った意匠が施されており、和と洋が入り交じったような、“門司港レトロ”らしい建物です。

ゲストハウスはまだ工事中のため、完成していない状態ではありますが、案内してくださいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中庭には、昔ながらの灯篭があります。昔は旅館だったそうですので、納得の風情ですね。

1階は、4人部屋のドミトリーが2部屋あります。

続いて、2階へ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

階段も広くて、吹抜けがかっこいい!2階は、個室が4部屋ほどあるとのことです。

 

今回は特別に、3階のシェアオフィスも見せていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年の春に案内人をしていただいた「マイアミ企画」さんがオフィスを構えています!お洒落!

参照:【みんなの声】デザイナーとめぐる風師山登山(入門編)~健脚コース~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんなにかわいい♡のくり抜きも当時のまま!

ゲストハウスのオープンが楽しみです。

来年1月にオープンの予定です。ホームページが公開したら、こちらにお知らせしますね。

興味のある方は泊まってみてはいかがでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お土産にいただいたグッズのバッジ。

 

「自分では行かないようなお店を案内してもらえておもしろかった」

「門司港がどんどん新しくなっていると感じた」

「今回も新しい発見があって楽しかったです」

皆さまメッセージありがとうございます。

今後も門司港めぐるへのご参加お待ち申し上げております。