門司港めぐるとは

【みんなの声】門司港の戦跡をまなぶめぐる

2017.08.09

本日の案内人さんは門司港の生き字引ガイドの「ウチヤマさん」です。

「案内人のウチヤマさんに惹かれ参加しましたが、やはり良かったです。」と、メッセージをありがとうございます。(小倉北区在住/男性/70代~)

ウチヤマさんの体験した話や今まで集めてきた情報と現在まで残された戦跡をめぐるまちあるきスタートです。

「門司港駅」に残る戦跡をウチヤマさんの記憶と一緒にめぐります。

 

「旧大連航路上屋」では「最終兵站基地門司港と世界平和パコダ」についてみんなで学び、建物の端々に残る戦争の記憶をめぐりました。

「知らなかったことがわかり良かったです。」と、メッセージをありがとうございます。(門司区在住/女性/70代~)

関門海峡ミュージアム 「展望デッキ」

関門海峡ミュージアムの「海峡レトロ通り」で当時の門司港の暮らしを「展望デッキ」では海峡の潮流を眺めて。

「意外な所に爪跡があって、それを見ることができたので良かったです。」と、メッセージをありがとうございます。(小倉南区在住/男性/10代)

「海峡ふくステージ」でランチをしながら今日のまちあるきについて話がはずみました。

「皆さんと交流できたことが良かった。」と、メッセージをありがとうございます。(門司区在住/女性/40代)

 

最後に訪れたのは西海岸にたてられた「門司港出兵の碑」と「軍馬の水飲み場」。

「この8月9日という日に、地元や戦争を振り返ることができた。」と、メッセージをありがとうございます。(門司区在住/女性/40代)

この日に生まれたという参加者の方がおり、スタッフも色々と考えさせられたまちあるきとなりました。

今回のまちあるきご参加ありがとうございました。